インタビュー 井上義治さん(元大江町会議員)
大槻ふみ子さんと一緒に大江町議として活躍された井上義治さん。
お家でお話を伺いました。
-元同僚として、大槻ふみ子さんを紹介してください-
大江町議の時からとにかく面倒見の良い人で通っていました。その面倒見の良さはホンマもんで、メッキでないことは大江町民ならみんな知っています。そして努力と現場主義、住民要求がすべての原点の人です。
議会というのは、特に田舎では男社会でした。しかしふみ子さんは、どんな場面でも物おじしない。古いタイプの男性議員たちには、驚きの女性議員だったことは確かです。

-ふみ子さん立候補、地域ではどう受け止められていますか-
大槻さんの府会立候補にあたり、私の近所の方が「何度も水害にあうたびに、大槻さんにはとてもお世話になってきた。何とか大槻さんの役に立ちたいと思って」と、以前に住んでいたところの知人を訪ね歩いて、大槻さんへの支持を広げ、3000万署名も集めて届けてくださいました。こんな方がたくさんいらっしゃいます。そしてたくさんこんな方をつくり出し、何としても府会に送り出したいものです。

-大槻ふみ子さんに期待とエールお願いします-
決して政治家としてのサラブレッドではなく、苦労人でもあります。だからこそ、式典の時にだけ挨拶に来るような従来の府会議員ではなく、いつでも身近な存在の府会議員として、活躍してもらえると思っています。
ご自宅に伺いました 2005年10月由良川治水対策の要請(こくた恵二webより)